スキルアップと報酬アップ

在宅ワークWORK365 TOP > スキルアップと報酬アップ

スキルアップと報酬アップ

自分のスキルアップのために、資格を取る事で仕事の幅が広がる場合もあります。
収入アップで大切なのは自分が興味を持つ分野の資格にも目を向ける事で自分自身のスキルアップにつながっていきます。

コンピューターに関する資格
「パソコン検定(通称、P検)」WORDやEXCELといったソフトに関連する資格


情報処理
特にポピュラーなのは「初級シスアド」
「(新)基本情報技術者試験」「基本情報技術者試験」「情報セキュリティスペシャリスト」インターネットなどでグローバル化した現在に需要の高い資格です。

ワード検定
「Microsoft Office Specialist」「Word文書処理技能認定試験3級から1級まであって、ランクアップするごとに己のスキルを高めていくことができる資格

エクセル検定
エクセルはMicrosoftの表計算ソフト。サーティファイ主催の「Excel表計算処理技能認定試験」。Microsoftが主催する資格はMOSとなりそのなかの1つにエクセルも含まれてビジネスシーンで重宝されるでしょう。

CAD
「CAD利用技術者試験」、1級、準1級、2級が設定された

「CAD利用技術者試験」は2次元の図面トレース
「3次元CAD利用技術者試験」

イラストレーター
「Illustratorクリエイター能力検定」「Photoshopクリエイター能力検定」それぞれIllustrator、Photoshopに関する資格となっています。
雑誌、カタログ、webサイトなど、活躍の場は数知れません。

ライター
テープライター技能認定試験

事務系
資格にも色々とありそのジャンルは多種多様で事務系の資格は人気のあるジャンルの一つ。

会計の資格
日商簿記は3級から1級。3級は商業簿記のみ

秘書
「秘書検定(秘書技能検定)」1級、準1級、2級、3級があり、1級と準1級には、筆記試験合格者を対象にして面接試験が実施されます。

翻訳
「文芸翻訳」「映像翻訳」「実務翻訳」
その他翻訳関連の資格試験には(社)日本翻訳連盟が実施している「JTFほんやく検定」

英語資格
英語の資格としてTOEICと並んで規模が大きいのが(英検)実用英語技能検定

インテリアコーディネーター
住環境について「インテリアコーディネーター資格」
「インテリアコーディネーター資格」を取得すると、「商業施設士」を受験する際に「商業一般」が免除す。

「キッチンスペシャリスト」キッチン空間の構築・使用方法・メンテナンス。

カラーコーディネーター
「カラーコーディネーター検定試験」全国服飾教育連合会の「ファッションコーディネート色彩検定」

アロマ
資格は、アマチュア用とプロ用とにわかれる
「アロマテラピー検定」。1級と2級

プロフェッショナルな資格として「アロマテラピーアドバイザー」「アロマテラピーインストラクター」「アロマセラピスト」でいずれも「アロマテラピー検定1級」に合格しないと受験できません。

「アロマテラピーアドバイザー」一般人に適切なアロマテラピーをアドバイスするための資格。

カルチャースクール講師資格が、「アロマテラピーインストラクター」

エステ
「認定エステティシャン」「AEA認定脱毛技術者資格」「ネイリスト技能検定」「ハーブ検定」

心理カウンセラー
「キャリアカウンセラー」「スクールカウンセラー」

「臨床心理士」などカウンセラーの需要は年々高まっており、最近では結婚相談所やハローワーク、エステサロンで活躍。

デザイナー
「ファッションコーディネート色彩能力検定(ATF)」と「アデックカラーマスター色彩士検定」

ネイリスト
「ネイリスト技能検定試験」「ジェルネイル検定試験」

メイク
メイクアップアーティストを育成するために4級から1級

食品モニター資格
「料理検定」「フードアナリスト」「食生活アドバイザー」

栄養士
最近ではフィットネスのクラブでダイエットメニューのアドバイザーになったり、企業の健康食品開発のためのアシスタント的な役割を果たしたりするというケースも増えてきています。

健康食品
サプリメントアドバイザー資格取得後は即戦力で働くことができます。

行政書士
46題の試験内容は行政法、民法、商法、基礎法学

宅建
宅建、宅地建物取引主任者

福祉
「社会福祉士」「介護支援専門員」「精神保健福祉士」「福祉住環境コーディネーター」「介護福祉士」