在宅ワークの将来性

在宅ワークWORK365 TOP > 在宅ワークの将来性

在宅ワークの将来性

ママさんに大人気在宅ワーク

OLの方、主婦の方、女性の方、「在宅ワーク」という言葉を目にするとかなり反応しちゃったりしませんか?
私も以前在宅ワーカーでした。

翻訳や文書入力のお仕事をネットで頂いて、決まった納期までに仕上げる、というお仕事でした。
1英単語いくら、文書入力いくら、という料金設定でしたが、在宅ワークにしては、かなりいいお給料を頂戴していました。
在宅ワークといっても、私がしていたような翻訳のお仕事、家の電話を使って、セールスをするお仕事、
内職系で何かを作るお仕事、またはテープお越しやデータ入力などのお仕事、いろいろあります。
値段(お給料)も様々です。


在宅ワークをしたい、とおっしゃる方は大体お子さんがいて外に働きにでられない、等のもろもろの事情が終わりかと思います。単価は安くても、自宅でお仕事できるというのは精神的にも楽ですし、通勤にかける時間もないので時間が有効に使えます。募集はあまりおおっぴらには見受けませんが、よーく目を凝らしていると、たまに在宅ワークのアルバイトの
募集があったりしますので、是非、いつも目を大きく見開いてチャンスを逃さないよう、頑張ってくださいね。

最近注目されてるクラウドソーシングは、インターネットを使って不特定多数の人(crowd)に業務を在宅ワーカーに依頼するシステムをアウトソーシングと言います。

SOHO、クリエイター、 エンジニア、データ入力ライターといったフリーランスとして、データ入力から、単純作業などの仕事をネット上から受注できるようになってます。

このシステムを使えば将来的に仕事を退職しても、結婚して出産しても、子育てと両立したホームワーカーとして自宅で働けるという魅力があります。